keitamiyashita.com

profile image

KEITA Miyashita | 宮下恵太

artist / engineer / improviser

1995年北海道生まれ。
電気・情報・通信といった今日的なテクノロジーと人間との関係性を軸に作品制作を行う。ギターやスピーカ、ミキサーなどを用いた実験的な即興演奏活動等も行っている。
第25回文化庁メディア芸術祭にて音による通信装置を用いた作品「BEAT/BIT」がアート部門審査委員会推薦作品に選出(2022)。主な展示として個展「わたしたちの光、おおらかなしるし | our lights, tolerant signs」(EUREKA、福岡、2024)、グループ展「ICCキッズ・プログラム2022 Tools for Play どうぐをプレイする」(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]、東京、2022)など。

Born in 1995 in Hokkaido, Japan. Lives and works in Fukuoka Prefecture. Artist / Engineer. He creates artworks and performances based on the relationship between human beings and today's technologies such as electricity, information, and communication.

awards

exhibition

performance

education

  • 2020.3首都大学東京(現東京都立大学)大学院システムデザイン研究科インダストリアルアート学域修了
  • 2017.3首都大学東京(現東京都立大学)システムデザイン学部インダストリアルアートコース卒業

work

  • 2022.6-九州大学芸術工学研究院テクニカルスタッフ
©2022 keitamiyashita